トップページ

2011年3月22日 (火)

TD2.4LP をフタバのプロポで使う

 TD2.4LP を使うためだけに JR のプロポを買うのもアレなので、双葉のプロポから使えるようにする変換ケーブルを作ってみました。とりあえず Blade mSR 飛ばせています。

          Sany0078

          フタバのプロポで Blade mSR を飛ばして見る

          Sany0083_3

               変換ケーブルはこんな感じ。

 作ってみようなんて奇特な方がいるかどうかわかりませんが、とりあえず回路図です。フタバのPPM信号の並びをJR用にPICで変換してます。その他TD2.4LPが必要とする6Vとバッテリーの9.6Vを供給しています。申し上げるまでもありませんが、使用は自己責任でお願いします。

           Futaba2jr_2

           「circuit.jpg」をダウンロード   「FUTABA2JR.HEX」をダウンロード

トップページ

コメント

 フタバのDSCコネクタってどこで入手できるのでしょうか。

山本さん
私はDSCケーブルをばらして作ったのですが、コネクタだけなら
Indoor airplane world e-shop さんで
 マイクロ・コネクタ・プラグ \320
 (Futaba送信機(新型)のトレーナ端子用プラグ)
として売られているようです。

フタバ派の私にとっては、非常に有意義な情報ありがとうございます。
早速、作ってみようと思います。回路図なのですが、画像で部品番号等が
判断出来ないようなので、申し訳ありませんが大きな画像を掲載して頂
けないでしょうか?是非とも宜しくお願いします。

竹原さん
 回路図をクリックして頂くと、図が若干拡大されます。これでおそらく
品番が読めると思いますが、だめでしたら教えてください。詳細にして
再アップロードいたします。

クリックしては見てるんですが、どうも読めないです。申し訳ないですが、よろしくお願いします。
Blade mCP Xは手に入れたのですが、付属のプロポではどうにも設定ができず、愛用している12Zで飛ばせたらなと考えてます。よろしくお願いします。

パソコンからでは、読めないのでしょうか?
あと、コネクターは、指すほうからみた配置の回路図の表記なんでしょうか?

回路図の画像ファイルを直接ダウンロードできるようにしました。(circuit.jpg)
画像はパソコンで見えるはずですが、念のため部品の型番は 2SC1815 、
20MHzのセラロック、12F683、XC6202、WS78L06、抵抗とコンデンサです。
コネクタはプロポに向かったイメージです。

ありがとうございます。早速部品集めて制作してみようと思ってます。

わたしは、双葉を利用していますが、2.4G専用機種でも大丈夫でしょうか。
また、三和72Mも仲間が使用していますのでこちらも利用できる利用者が増えて楽しめる。
宜しく御教授ください。

海童さん
 2.4GHzですがFF10AGでは動いています。普通にPPM信号が出ていれば
動くと思います。SANWAは持っていないので良くわかりませんが、PPM信号の
並びがJRと同じだと思うので変換用のPICは要らない気がします。信号の
レベルを合わせて、6Vとバッテリ電圧を供給すれば動くような気もしますが
やったわけではないのでわかりません。

Aero さん
迅速な回答をありがとうございます。
>2.4GHzですがFF10AGでは動いています。普通にPPM信号が出ていれば
>動くと思います。
この時
2.4GHz“FASST"システム の方は、影響ないと云う事ですね?
テストは、今手元に送信機が無いの(修理中)で利用できるようになれば
試してみたいと思います。
補足:
データー帳を見ると三和は、1chと2chの配列が双葉とは逆になりますが
PIC必要なのでは、何時も積み替えると慌てる(汗)

海童さん
2.4GHz FASSTの方は特に送信を止めるような事はしていないので、
そのまま動いてると思います。SANWAの並びは確認した事がないので
不正確ですみません。

TD2.4LP が動作中にも ”2.4GHz FASST”も送信している?
気持ちよく使いたいので2.4G専用機種の利用は、私の方では気持ち的に保留。
やはり72M用でDSM2移行を考えてみます。色々とありがとうございました。

はじめまして。FF7でMSRを飛ばす!!最高ですね。またコレでMCPXも飛ばせるのでしょうか?
出来ましたら自分も飛ばしてみたいので(プロポと機体あり)、変換基盤セット?(コネクター付なら最高ですが)をぜひ入手したいのですが、ご紹介していただけませんか。(当方簡単な半田ずけしか出来ないレベルですが)

TAKEさん 
 Blade mCPX 良いですね。おそらく使えると思いますが試した
わけではありませんのであしからず。部品は千石電商、秋月電子、
マルツ、西川電子部品辺りをまわると手に入ると思います。トレーナ
端子用プラグは、DSCケーブルをばらすかIndoor airplane world e-shop さん
で入手できます。12F683のプログラミングにはPICkit3などのPICプログラマが
必要です。

管理人様、暫くです
その節は~お世話になりました。

Futaba モジュールタイプのテスト環境が揃いました。
御紹介の「PICkit3などのPICプログラマ」ですが
当方は、Win7環境なのですが利用できますでしょうか?

宜しくアドバイス下さい。

海童さん
 PICkit 3 ですが Windows 7(32bit版)で動いています。

お返事ありがとうございます。

この32bit版というのは
通常のUSBノートPCで何の設定もなく利用できると思って良いでしょうか?

海童さん
 うちのパソコンがたまたま windows 7 の 32bit 版というだけの話です。
(windows 7の64bit版でも動くのでしょうが確かめたことはないので。)

始めまして、このプログラムをありがたく使わせてもらって、モジュールを動かせていますが、

ちょっと間違っていないかと思いまして、12F683の入力はGP0じゃなくて、GP2ではないでしょうか?

それから6Vはモジュール内部で使われていないので、6V三端子レギュレータも不要と思います。

kobaraさん
 入力は GP2 でした。ご指摘ありがとうございました。6VはRC Groupsの
JR RF module Pinouts 辺りを参考にして作っていましたが、TD2.4LPの
内部で使われていないなら、不要ですね。

変換ケーブル作成の件
 当方、気まぐれな趣味でやっているので変換ケーブル作成受けまではやっていません。すみません。

 先日この記事を見つけて私も作ってみようと思うのですが、私の使っているプロポは
t-6exでして、この変換ケーブルはこちらにも使用可能なのでしょうか。
 ご教授お願いします。

mokonさん
 t-6exを持っていないので直接試したわけではありませんが、おそらく動くと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573117/51122803

この記事へのトラックバック一覧です: TD2.4LP をフタバのプロポで使う:

トップページ

無料ブログはココログ